LIBMOの料金プランを徹底解説!料金プランの特徴や口コミは?

料金プラン,LIBMO

LIBMOの料金プランを徹底解説。プランの特徴や口コミは?

TOKAIが提供する格安SIM「LIBMO」

リーズナブルな料金プランとドコモ回線を使用した安定の通信を誇っており、コスパの高い格安SIMとして知られています。

スマホ代をとにかく安くしたい方はもちろん、電話を多く使う方にもおすすめのプランが用意されているのでさまざまな方におすすめです。

そこで今回はLIBMOの料金プランについて詳しく解説していきます。

LIBMOの料金プランをしっかりと把握して、自分にぴったりなプランを選んでみてください。

LIBMOの料金プランを解説

なっとくプラン
出典:LIBMO(https://www.libmo.jp/plan/)

まずは、2022年4月時点でのLIBMOの料金プランを紹介していきます。

下記の表をご覧ください。

プラン名データ容量音声通話SIMデータSIM
なっとくプラン(ライト)無制限
(最大200Kbps)
提供なし528円
なっとくプラン(3GB)3GB980円858円
なっとくプラン(8GB)8GB1,518円1,320円
なっとくプラン(20GB)20GB1,991円1,991円
なっとくプラン(30GB)30GB2,728円2,728円
LIBMOの料金プラン

LIBMOでは、3GB/8GB/20GB/30GBの4種類のプランに加えて、最大速度が200Kbpsに抑えられるのですが、容量無制限で使える「なっとくプラン(ライト)」も用意されています。

データ容量を抑えてスマホ代を節約したい方や大容量のプランをリーズナブルに使いたい人のニーズも満たす料金プランが揃っているのが特徴です。

「3GB980円」「20GB1,991円」などコスパの高いプランを用意

あなたに最適なプランが選べます
出典:LIBMO(https://www.libmo.jp)

LIBMOは格安SIMの中でも特に月額料金とデータ容量のコスパの高い料金プランとなっています。

月3GB使えて月額料金が1,000円を下回るプランもありますし、月20GBも使えるのに月額2,000円以下で使えるのはとてもお得ですよね。

格安SIMだと低容量で低価格のプランは多いのですが、中容量や大容量になるとそれほどお得感のない月額料金になることが多くあります。

しかし、LIBMOであればどのプランを選んでも納得できる低料金を実現しています。

余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能

LIBMOなら余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能
出典:LIBMO(https://www.libmo.jp/plan/)

LIBMOでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。
※なっとくプラン(ライト)を除く

毎月使えるデータ容量を無駄なく使い切ることができるのは嬉しいですよね。

月によってスマホの利用時間にバラつきができるような人にとって便利な機能と言えるでしょう。

音声通話メインのプランもある

ゴーゴープラン
出典:LIBMO(https://www.libmo.jp/plan/)

月々のデータ容量を500MBに抑えて、通話のかけ放題オプションをメインに据えた「ゴーゴープラン」というのも用意されています。

プラン名月額料金データ容量
ゴーゴープラン(5分かけ放題)1,100円500MB
ゴーゴープラン(10分かけ放題)1,320円500MB
ゴーゴープラン(かけ放題マックス)1,980円500MB
LIBMOの音声通話プラン

スマホで通話しか利用しない方やデータ通信機能は不要だという方にぴったりです。

ガラケーのような使い方もできますし、仕事での連絡用のスマホとしても使えるプランと言えるでしょう。

LIBMOの通話プランを解説

LIBMOの通話し放題ラインナップ
出典:LIBMO(https://www.libmo.jp/option/kakehoudai_5min/)

次に、LIBMOの通話プランについて解説していきます。

スマホで通話をよく利用する方は必ずチェックしておきましょう。

通話料金

LIBMOの通話料金は下記の通りです。

通話料金税込22円/30秒
SMS通信料・国内送信:税込3.3円/通(70文字以内)~
・受信:無料
LIBMOの通話料金

LIBMOの通話料金は他社と同じ金額設定になっています。

毎月の通話時間によっていくら料金がかかるのか計算してみてください。

通話オプション

LIBMOには以下の3つの通話オプションが用意されています。

通話オプション月額料金オプション内容
5分かけ放題550円1回5分以内の国内通話がかけ放題
10分かけ放題770円1回10分以内の国内通話がかけ放題
かけ放題マックス1,430円国内通話がかけ放題
LIBMOの通話オプション

「5分かけ放題」「10分かけ放題」については、1回あたりの通話時間がオーバーしたとしても、通話料は11円/30秒と通常よりも安く利用できます。

LIBMOはどんな人におすすめ?

おすすめ

LIBMOがおすすめなのは以下のような人です。

  • スマホ代をとにかく安くしたい人
  • 通話機能だけ使えれば十分な人
  • コスパの高い格安SIMを探している人

は、それぞれのポイントについて解説していきます。

スマホ代をとにかく安くしたい人

LIBMOでは、最安で月額528円(※データSIM)で使えるプランを始め、とにかく安い料金プランが揃っています。

音声通話SIMでも3GB980円で使えるので、スマホ代を安く抑えて通信費を節約したい方におすすめです。

通話機能だけ使えれば十分な人

音声通話機能をメインにした「ゴーゴープラン」もあるので、データ通信は不要で通話だけでいいという方にもおすすめです。

通話専用の2台目のスマホとして使うのもおすすめですし、通話しか利用しない高齢者の方などにもぴったりです。

コスパの高い格安SIMを探している人

LIBMOでは、低容量・低料金のプランだけでなく、中容量でも月額料金を安く抑えたコスパの高いプランも選べます

20GB1,991円、30GB2,728円といったたくさん使えて料金もお得に抑えたプランもあるので、動画やSNSをよく利用する方にもおすすめです。

LIBMOの口コミは?

LIBMOの口コミを紹介していきます。

実際に利用している方の声を参考にしてみてください。

https://twitter.com/SKY31015376/status/1511605563792461826

料金の安さについてはかなり好評な声が集まっていました。

やはり他の格安SIMと比較してもコスパの高いプランが揃っているので、スマホ代を安く抑えたい方にとっては最適な選択肢と言えるでしょう。

https://twitter.com/t0_shi/status/1512273374231543809
https://twitter.com/takeyon7/status/1507988991525924870

しかし、通信速度については不満の声が投稿されていました。

安さと速度のどちらを重視するかは人によって異なりますが、データ通信をメインで使おうとすると不便さを感じるかもしれません。

「低容量プランでスマホ代をとにかく安くする」「音声通話メインのプランで通話専用機として使う」といった使い方がおすすめです。

まとめ

LIBMOの料金プランについて解説していきました。

データ容量あたりの月額料金が安く、コスパの高さが際立つ格安SIMであることが分かりましたね。

さらに、音声通話をメインに据えた特徴的なプランもあるので、通話機能しか利用しない方や通話専用のサブ機を探している方にもおすすめです。

格安SIMに乗り換えてスマホ代をとにかく安くしたいと思っている方は、ぜひLIBMOを検討してみてください。

LIBMOを利用したくなった人は!

低容量プランだけではなく20GB・30GBのプランもお手頃価格!

おすすめの関連記事
スマホ料金の見直しと節約方法

料金プラン,LIBMO

Posted by Mur