カメラ(画質)の性能がいいスマホをおすすめ順にランキングで紹介!

iPhone,Androidスマホ

カメラ(画質)の性能がいいスマホをおすすめ順にランキングで紹介!

新しいスマホを購入するとき、カメラ性能にこだわりたい人は多いですよね。

とはいえ、「どのスマホがおすすめなの?」「カメラ性能はどうやって見ればいいの?」といった疑問もあるのではないでしょうか?

そこで、当記事ではカメラ機能にこだわったおすすめスマホを紹介しました!

性能の見方も合わせて解説しているので、ご自身でスマホを選ぶときにも役立ちますよ。

先生

高性能カメラを搭載したスマホから、コスパ抜群のスマホまで幅広くランキングにしました!

スマホのカメラ性能で重要な機能は5種類

スマホのカメラ性能を確認するときには、写真の綺麗さを左右する重要な5項目に着目しましょう。

スマホのカメラ性能に重要な5項目
  • レンズの種類と数
  • 画素数
  • F値
  • 撮影補助機能(手ブレ補正・AI撮影の有無)
  • 撮影モードの種類

「画素数が多い=画質がいい」と思う人も多いかもしれませんが、現在のスマホカメラは性能向上が著しく、画素数以外にも着目点が多いです。

それぞれの機能について、詳しく解説をします。

先生

画素数が多くても、他の性能が悪いと綺麗な写真が撮影できません。

レンズの種類と数

最近のスマホは、レンズが複数搭載されているモデルが主流です。

複数のレンズがあれば、被写体を際立たせる「ポートレート」や、遠距離の撮影でも綺麗に仕上がる「望遠」といった役割を持たせられます。

レンズの種類
  • 広角カメラ:広角・超広角撮影ができる
  • 望遠カメラ:遠距離でも綺麗な写真が撮れる
  • ポートレート:背景をぼかして被写体を際立たせる
  • マクロカメラ:接写撮影ができる
  • 暗視カメラ:暗い場所でも綺麗な写真が撮れる

綺麗な写真を撮影するためには、用途や状況に応じた撮影モードが欠かせません。

レンズの種類が多ければ多いほど多機能なので、カメラ性能の良いスマホが欲しいなら必ずチェックしましょう!

画素数

画素数の多さも、スマホで綺麗な写真を撮るために重要な要素です。

とはいえ、近年発売されるスマホでは1,000万画素から6,000万画素と非常に多くの画素数で撮影できる機種がほとんど。

多ければ多い方が良いものの、単純な画素数は各社横並びで決定的な要素とはなりません。

仮にA4用紙で高画質な写真を出力するとしても、1,000万画素もあれば十分です。

プロジェクターなどを使って大きなスクリーンに映すといった用途なら重視するべきですが、「SNSに上げたりスマホやタブレットで閲覧する程度なら1,000万画素で十分」と理解しておきましょう。

先生

画素数も重要ですが、それ以上にレンズの数やF値など、他の要素が大事です。

F値

F値とは、レンズに入る光の量を表す指標です。

光を多く入れられるほど明るい写真が撮影できるので、スマホカメラにおいてはF値が低いカメラが高性能とされています。

また、F値が低いと「暗所での撮影がしやすい」「手ブレしにくい」といったメリットもあります。

一般的に高性能とされるスマホカメラのF値は「1.5~1.8」です。ぶれが気になる人や夜景を綺麗に撮影したいなら、F値の低いスマホを選びましょう!

撮影補助(手ぶれ補正・AI撮影)

いくらカメラ性能が良いスマホでも、撮影する時にブレてしまうと台無しですよね。

スマホカメラには、手ぶれ補正やAIを活用した撮影補助機能が搭載されている機種が数多くあります。

手ブレ補正機能は「デジタル」と「光学」があり、光学式の方が高い補正機能です。特に、スポーツや動物など被写体が動く場合は光学式手ぶれ補正機能が欠かせません。

あなたがプロの写真家で「手ブレに絶対の自信がある!」ということでもなければ、必ず手ブレ補正機能があるスマホを選んでくださいね。

撮影モードの種類

スマホの撮影モードに着目することも重要です。

「ナイトモード」や「ポートレート」など、綺麗な写真を撮影するためには状況にあった撮影モードが欠かせません。

夜景を撮るなら「暗所撮影」、集合写真を撮るなら「超広角撮影」など、用途に応じた撮影モードがあるスマホを選んでくださいね。

また、AI撮影機能があれば状況に応じて自動的に撮影モードを切り替えてくれます。スマホの機能に詳しくなくても最適な写真が撮影できるので、あると便利な機能ですよ。

カメラ性能がいいスマホのおすすめランキング

続いて、具体的に今もっともおすすめできるカメラの性能が良いスマホをランキング形式で紹介します。

ランキング1位はカメラ性能に更なる進化を遂げた「iPhone14 Pro」です!

2位にはAndroidで最高峰の性能を持つ「Galaxy S22」を選び、3位は性能だけでなくコスパに優れた「OPPO Reno7 A」を選びました。

ランキング形式としていますが、それぞれに特徴やおすすめポイントがあります。ぜひ参考にしてくださいね。

1位|Apple iPhone14 Pro

iPhone14Pro
出典:Apple(https://www.apple.com/jp/iphone-14-pro/)
機能内容
価格
(128GBモデルの場合)
・Apple Store:149,800円
・楽天モバイル:164,800円
・ソフトバンク:175,680円
・au:175,860円
・NTTドコモ:174,130円
※携帯キャリアの価格は割引キャンペーンなどによる割引額は含んでいません。
画素数・メイン:4,800万画素
・超広角:1,200万画素
・望遠:1,200万画素
レンズ・メインカメラ
・超広角(視野角120°)
・望遠:3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
F値・メイン:1.78
・超広角:2.2
・望遠:1.78
手ぶれ補正自動光学手ぶれ補正
撮影モード・ポートレート
・ナイトモード
・パノラマ撮影
・マクロ撮影
・AI撮影機能
CPUA16 Bionic
ROM・128GB
・256GB
・512GB
・1TB

ランキング1位は、2022年9月に発売された「iPhone14 Pro」です。

カメラ機能に優れるiPhoneでも特に大きな進化を遂げたシリーズで、3倍の望遠カメラや暗所撮影など、あらゆるシーンで美麗な写真が撮影できます。

「何を撮ってもプロの完成度」と公式サイトに記されるだけの性能を誇り、カメラ性能が良いスマホを探している人はまず購入を検討するべき1台です!

iPhone14Proの写真品質
出典:Apple(https://www.apple.com/jp/iphone-14-pro/)

上記のように、上空からでも細部までくっきりと撮影できる画質のよさは圧巻。トリミングをしても画質が落ちないどころか、トリミングした部分がフォーカスされてさらにはっきりと表示されています。

動く被写体や集合写真などの画角が必要な撮影もお手のもの。あなたも、iPhone14 Proを使ってまるでプロのような写真を撮影してみましょう!

ドコモを利用したくなった人は!

ドコモの契約は事務手数料(3,850円)がかからないオンラインショップがオススメです!

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

ソフトバンクを利用したくなった人は!

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料!
他社からの乗り換えならオンラインショップ割で機種代金割引に!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
三木谷キャンペーン経由なら最大40,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

↑目次へ戻る

2位|SAMSUNG Galaxy S22

Galaxy S22
出典:Galaxy mobile(https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s22/)
機能内容
価格・au:125,030円
・NTTドコモ:127,512円
※携帯キャリアの価格は割引キャンペーンなどによる割引額は含んでいません。
画素数・超広角:1,200万画素
・広角:5,000万画素
・望遠:1,000万画素(望遠)
レンズ・超広角カメラ
・広角カメラ(メインカメラ)
・望遠:3倍の光学ズーム、30倍のデジタルズーム
F値・超広角:2.2
・広角:1.8
・望遠:2.4
手ぶれ補正光学手ぶれ補正
撮影モード・ポートレート
・ナイトモード
・パノラマ撮影
・マクロ撮影
・30倍の超望遠モード
・AI撮影機能
CPUSnapdragon 8Gen1
ROM256GB

ランキング2位は、2022年4月に発売された「Galaxy S22」です。

メインカメラは5,000万画素の高精細カメラを採用し、Galaxyの得意分野である暗所撮影は更に美しい写真が撮れるようになりました。

花火や夜景が実際よりも劣って見えてしまうのは、もはや昔の話です。Galaxy S22なら目で見るよりも美しい一枚が撮影できますよ!

さらに、Galaxy22は暗所でのポートレートモードにも対応しています。人物を撮影するときには背景をぼかし、よりドラマチックな写真が撮影できることでしょう。

Android OSでカメラ性能がいいスマホを探している人は、ぜひGalaxy S22の購入を検討してくださいね!

ドコモを利用したくなった人は!

ドコモの契約は事務手数料(3,850円)がかからないオンラインショップがオススメです!

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

↑目次へ戻る

3位|OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A
出典:OPPO(https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno7-a/specs/)
機能内容
価格・au:43,720円
・楽天モバイル:45,800円
・ワイモバイル:43,200円
・UQモバイル:43,720円
※携帯キャリアの価格は割引キャンペーンなどによる割引額は含んでいません。
画素数・メイン:4,800万画素
・超広角:800万画素
・マクロ:200万画素
レンズ・メインカメラ
・超広角カメラ(視野角120°)
・マクロカメラ
F値・メイン:1.7
・超広角:2.2
・マクロ:2.4
手ぶれ補正光学手ぶれ補正
撮影モード・ナイトモード
・ポートレート
・パノラマ撮影
・マクロ撮影
・AI撮影機能
CPUSnapdragon 695
ROM128GB

ランキング3位は「Reno7 A」を選びました。

Reno7 Aはハイエンドスマホにくらべると写真の美麗さはやや落ちるものの、4万円台で購入できるコスパの良さが大きな魅力です。

価格が安いにもかかわらず、4,800万画素のメインカメラに加えて視野角120度の超広角カメラ・マクロカメラの3眼レンズを搭載。

さらに、ナイトモードやAI撮影機能など豊富な撮影モードが用意され、ミドルレンジ価格のスマホとは思えないハイコスパスマホです。

「iPhoneやGalaxyが欲しいけど、価格がちょっと高すぎる・・・」という人には非常におすすめできる1台。コスパ重視でカメラ性能がいいスマホが欲しいなら、ぜひReno7 Aを購入しましょう!

auを利用したくなった人は!

au Online Shopならau Online Shop お得割で機種代金が最大22,000円割引に!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
三木谷キャンペーン経由なら最大40,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

ワイモバイルを利用したくなった人は!

ワイモバ10周年大感謝祭開催中!ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料!

UQモバイルを利用したくなった人は!

auPAY残高還元で最大10,000円相当チャージのキャンペーン開催中!
スマホとセット購入の場合最大22,000円割引!

↑目次へ戻る

まとめ|スマホをカメラの性能で選ぶなら、画質以外にも注目しよう

当記事では、カメラ性能のいいスマホについて性能のみかたやおすすめ機種をご紹介しました。

スマホのカメラ性能は一見画素数だけで判断しがちですが、F値や撮影モードなどトータルの機能で選ぶことが大切です。

状況に応じて美麗な写真が撮影できるよう、細部まで着目してあなたにぴったりなスマホを選んでくださいね!

おすすめの関連記事
おすすめスマホメーカーの特徴を国内シェアランキングで紹介!スマホを快適に使える通信速度の目安を徹底解説eSIMに対応しているキャリアはどこ?大手4社の導入状況をチェックしよう!

iPhone,Androidスマホ

Posted by Tact