携帯会社のブラックリストは3種類ある!ブラックでもスマホは契約できる?対処法は?

契約・手続きガイド

携帯会社契約のブラックリストは3種類ある!ブラックでもスマホは契約できる?対処法は?

携帯やスマホを契約したいけど「ブラックリストはあるの?」「ブラックリストに登録されていて契約できるかどうか不安・・・」と思う方もいらっしゃいますよね。

実際に携帯会社にはブラックリストが存在していますが、ブラックリストに登録されているからといって必ずしも契約できないとは限りません。

当記事では、携帯会社のブラックリストの仕組みを詳しく解説するとともに、それぞれの状況に応じた対策も紹介しています。

過去の信用情報が気になって契約を躊躇している方は、是非当記事の内容を参考にあなたにぴったりな携帯会社を選んでくださいね!

先生

一言でブラックと言っても、様々な種類があってそれぞれに対策がありますよ。

読む時間の無い人向けに先に結論を簡潔にまとめると…
  • 携帯会社のブラックリストに登録されていると回線契約やスマホの割賦購入ができない場合がある
  • 携帯会社のブラックリストは3種類ある
  • 携帯会社のブラックリストを解消する方法はある
  • 携帯会社のブラックリストのままでもスマホ契約できる会社もある

携帯会社のブラックリストに登録されるとどうなるの?

ブラックリストに登録されていると、携帯・スマホの契約審査に通らず、携帯・スマホの割賦契約での購入やスマホ回線自体の契約ができません

携帯会社で行われる審査の種類
  • 契約審査:新規契約やMNPなど、回線契約をする際に行われる審査
    (通信・通話料金の支払いが問題なくできるかな?過去に契約トラブルないかな?過剰に回線を持っていないかな
  • 分割審査:スマートフォンや携帯電話の端末を分割払いで購入する際に行われる審査
    (他のローンなども含め、支払い能力に問題がないかな?)

ブラックリストの種類によっては携帯の支払いに限らず、携帯以外の支払い等で登録されるものもあり、言い換えれば「あなたはすべての支払いに関する信用がない」といった状態になります。

その結果、携帯・スマホはもちろん各種ローンなど、色々なものの支払いに関して悪影響を及ぼします

携帯会社のブラックリストは3種類

携帯会社契約のブラックリストは3種類

携帯会社契約のブラックリストは、事由に応じて3種類に大別されます。

ブラックリストごとに影響する手続きも違いますので、まずはそれぞれのブラックリストごとの特徴を理解しましょう。

先生

もちろん、それぞれで対策も異なります。

自社ブラックリスト(過去の料金滞納・虚偽申告・不正契約)

過去の料金滞納や強制解約情報、虚偽申告(書類偽造など)による不正契約は「自社ブラックリスト」として携帯会社ごとに管理がされています。

例えばドコモで料金未払いによる強制解約になった場合、その情報はずっとドコモに保管されて次回契約時に不利な内容の契約になったりそもそも契約を断られる可能性があります。

自社ブラックの主な事由
  • 過去に料金未納があって強制解約された
  • 短期解約(契約後90日以内の解約)を繰り返した
  • 虚偽申告や書類を偽造して不正契約をした(しようとした)

自社ブラックに該当する主な事由は上記の通りです。

このうち、強制解約や何度も短期解約をしたことによるブラックリストは預託金(10万円程度)を先に支払ったり割引が受けられないなどの条件下で契約をすることができます。

偽造書類を使って他人になりすまして契約をしようとしたケースや虚偽申告による不正契約を過去に行った場合、個別の判断で契約を断られる可能性があります。

先生

過去に何か問題があっても契約できるケースは意外と多いです。一度申込をしてみても損はないので、気軽に申込してみましょう。

携帯キャリアの共有ブラックリスト(現在進行形の滞納)

ドコモ・au・ソフトバンクや楽天モバイルなどキャリアの多くは、過去の滞納状況のうち「今現在も未納になっている料金」を共有しています。ここに登録されているブラックリストは「携帯ブラックリスト」と言います。

携帯ブラックリストを共有する2つの協会

  • TCA(一般社団法人 電気通信事業者協会)
  • TELESA(一般社団法人 テレコムサービス協会)

例えばドコモで未納料金があって支払いを終えていない場合、その情報が共有されているためauやソフトバンクや楽天モバイルなどで契約をしようとしても断られてしまいます。

携帯ブラックリストは滞納した料金の支払いが終わればブラックリストから削除されます。

いずれかのキャリアで現在進行形で未納がある場合、まずは未納になっている料金を支払ってから契約の申し込みを行いましょう。

先生

未納のまま放置していても良いことは何もありません。利息もつくので、早めの支払いをおすすめします!

CIC等の信用機関・信用情報ブラックリスト(金融ブラックリスト)

携帯・スマホの料金のみならず、銀行や信用金庫や消費者金融からの借入やクレジットカードの請求に延滞がある場合はCICなどの信用情報機関に登録がされます。ここに登録されているブラックリストは「金融ブラックリスト」と言います。

金融ブラックリストとして登録される3つの信用情報機関

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

※有料(500円~2000円程度)ですが自身の情報が登録されているか各機関(インターネットや郵送)で情報開示確認することも可能です

この場合、契約・手続きで問題が生じるのは「スマホ等の分割購入」だけです。

よく金融ブラックだと携帯やスマホの契約ができないと勘違いされがちですが、信用機関の情報を見る場合は分割購入などの割賦契約時のみ

そのため「金融ブラック=携帯・スマホの契約ができない」ということはありませんので気にせず申込を行いましょう!

ただし、分割購入時はしっかりと信用情報をチェックされるため「携帯・スマホの契約ができる=分割購入もできる」という訳ではないことに注意が必要です。

先生

金融ブラックでも一括購入ならスマホを買えますよ!

10万円より高額の端末だと審査は厳しくなる

10万円より高額な端末を割賦購入する場合「個別支払可能見込額の調査」という手続きが発生します。ただし、10万円以下の端末であれば「個別クレジットに関する例外措置」が適用され、調査手続きを省略することができます。

10万円以上の端末は割賦購入出来ない場合でも、10万円以下であれば割賦購入できる可能性があります。

▼10万円以下で高性能なスマホ機種を購入したい人はGoogle Pixel 8aがおすすめ!

金融ブラックリストの原因となる事象が解消した場合でも、すぐに金融ブラックリストから登録情報が消えるわけではなく、5年程度は金融ブラックリストの登録が残ると言われています。過去支払できなかった事故を起こしてしまうと、現在の支払い能力に問題が無くても金融ブラックリストで割賦契約できないといったことは発生しやすいので注意しましょう。

携帯ブラックリストでもスマホは契約できる?ブラック別の対処法

対処法

続いて、ブラックリストごとに「スマホの契約はできるかどうか?」「どう対策すればいいか?」という点を解説します。

仕組みを理解すれば、携帯のブラックリストはそれほど契約ハードルが高いものではありません。

それぞれの状況別に説明をします!

ブラックの事由が解決していれば基本的に携帯を契約できる

携帯やスマホの通信契約に関しては、基本的にブラックリスト(自社ブラックリスト・携帯ブラックリスト)に登録された事由が解決できていれば契約が可能です。

例えば過去に料金滞納や強制解約になったケースがあるとしても、既に料金を支払い済なら契約ができるケースが多いですよ。

ただし、支払いトラブルが過去にあった場合は契約時に預託金(保証金)の先払いを求められることが多くなります。

支払い済の料金に関する過去のトラブルは自社管理で他社には共有されないため、預託金を支払いたくない場合はトラブルを起こした会社とは別のキャリアで契約をしましょう。

先生

短期解約のブラックリストも同様です。店員から過去の短期解約の理由を聞かれたりしますが、正当な理由で次回は長期利用することを示せば多くの場合で契約できます。

機種(携帯・スマホ)の分割購入はCIC等の信用情報が影響する

CIC等の信用情報に問題がある場合、携帯・スマホの分割購入は諦めた方が良いです。

特に現在進行形で未納になっている場合や直近3ヶ月で未納があると分割を断られるケースが少なくありません。

分割購入の審査で落ちる可能性が高いケース
  • クレジットカードや他社からのローン・借入に未納がある
  • 直近3ヶ月〜6ヶ月の間に支払い遅れがあった(件数・期間による)
  • 消費者金融やクレジットカードでの借入額が大きい
  • 毎月の支払いが請求書払いや口座振替

信用機関審査に落ちてしまう理由は主に上記の通りです。

とは言え、信用情報に問題があっても分割できるケースも多く実際の審査は申込をしてみるまで結果がわかりません。

審査に落ちても特にデメリットは無いため、ダメ元で分割申込をしてみても良いでしょう。

また、

ただし、一度落ちた場合はある程度の期間(3~6ヶ月程度)を空けなければ結果が変わらないケースが多いです。闇雲に何度も申し込むのは労力がかかるだけなので、控えましょう。

先生

店頭の審査落ちに抵抗がある場合、人の目に触れないオンラインショップでの申込がおすすめです。

10万円より高額の端末で審査NGだった場合でも、10万円以下の端末では審査OKになる可能性もあります。

金融ブラックでも一括購入なら端末購入可能

端末の割賦購入が金融ブラックリストが理由で割賦契約ができない場合でも、割賦(分割)ではなく一括購入する場合は、購入することは可能です。ただ、まとまった金額を支払う必要があるので、お財布にはかなり厳しい選択をしないといけません。

金融ブラックかもしれない人の端末購入の選択順位

  1. 10万円以上の端末を割賦契約する
    ※審査NG、または10万円以下の端末の割賦契約を考えている人は2に進む
  2. 10万円以下の端末を割賦契約する
    ※審査NGの場合や初めから一括購入を考えているは3に進む
  3. 一括購入で端末を購入する
先生

ドコモ・au・ソフトバンクで端末を購入する手段として「いつでもカエドキプログラム」などの実質1~2年のレンタルプランともいえる端末購入サポートプログラムを活用する必要がありますが、割賦購入する条件があるため、一括購入の場合には、これらの端末購入サポートプログラムの利用ができなくなる点は注意が必要です。

クレジットカードが無ければ格安SIMは契約できないケースが多い

携帯ブラックとは少し話が逸れますが、格安SIMを契約する場合はほとんどの会社でクレジットカードを支払い方法に登録する必要があります。

大手キャリアのブラックリストに登録されていて契約が難しい場合に格安SIMは有力な選択肢ですが、クレジットカードなしで契約できる事業者が限られる点に注意をしましょう。

クレジットカードなしで契約できる格安SIM

上記のうち、ワイモバイルとUQモバイルは口座振替が可能なもののソフトバンク・auの自社ブラック情報を基に契約審査が行われます。

そのため、ソフトバンク・auで契約を断られた場合はワイモバイル(ソフトバンク)・UQモバイル(au)の申し込みも難しいことを覚えておきましょう。

携帯ブラックリストでも契約できるおすすめ事業者

最後に携帯ブラックリストの状態でも契約できる可能性のあるおすすめの事業者について3社ご紹介します。

だれでもモバイル

だれでもモバイル
出典:だれでもモバイル(https://daredemomobile.com/af/)

携帯ブラックリスト状態でも契約できる可能性のある1つ目の事業者は「だれでもモバイル」です。大手キャリアでSIM単体契約でも携帯会社から契約NGが出てしまう場合、スマホが使えないとあきらめてしまう人もいるかもしれませんが、その時に利用できる最終手段といえるMVNOの1つです。

そのMVNOは「だれでもモバイル」です。

ドコモ回線を使うMVNOの1社ですが、以下の様な人でも回線契約ができるというスマホサービスです。

  • クレジットカードが無い
  • 携帯ブラックリストで契約できない
  • 他社で強制解約された

月額料金は他の一般的なMVNOと比べると高い料金設定にはなっているものの、ほかの携帯会社では契約できない人でも契約ができるのが大きな特徴で、通話プランについては標準で(1回10分 or 24時間いつでも)かけ放題も付いているので、どうしてもスマホを利用したいという方は「だれでもモバイル」の利用を検討しましょう。

月額料金(10分かけ放題プランの場合)

プラン月額基本料
1GB1,990円
3GB3,700円
5GB4,500円
10GB6,100円
20GB8,700円
※支払方法は口座振替、銀行振込、コンビニ決済から選択できます

料金の支払いは前払い制で、初期費用や初月基本料金については現在キャンペーン中で0円で利用できます。

だれでもモバイルを利用したくなった人は!

審査なし!他社で強制解約された方もOK!さらに電話かけ放題付き!
今だけ!初月月額料金・事務手数料0円キャンペーン実施中!

↑目次へ戻る

サンシスコン

サンシスコン
出典:サンシスコン(https://sunsyscon.com/)

続いてご紹介するMVNOは「サンシスコン」です。

ドコモ回線やソフトバンク回線を使うMVNOの1社ですが、以下の様な人でも回線契約ができるというスマホサービスです。(選択するプランや機種により使用する回線が異なります)

  • クレジットカードや銀行口座が無い
  • 携帯ブラックリストで契約できない

月額料金は他のMVNOと比べると高い料金設定にはなっているものの、ほかの携帯会社では契約できない人でも契約ができるのが大きな特徴で、端末も最安1円のものもあり通話プランについては標準でかけ放題も付いているので、どうしてもスマホを利用したいという方は「サンシスコン」の利用を検討しましょう。

月額料金(通話プランの場合)
※支払方法によって月額料金が異なります。

プラン
※全プラン国内通話かけ放題付
月額基本料
1GB・口座振替:3,278円
・銀行振込:4,278円
・コンビニ決済:4,608円
3GB・口座振替:3,580円
・銀行振込:4,580円
・コンビニ決済:4,910円
5GB・口座振替:3,980円
・銀行振込:4,980円
・コンビニ決済:5,310円
7GB・口座振替:4,380円
・銀行振込:5,380円
・コンビニ決済:5,710円
20GB・口座振替:4,980円
・銀行振込:5,980円
・コンビニ決済:6,310円
50GB・口座振替:6,980円
・銀行振込:7,980円
・コンビニ決済:8,310円
※長期利用で初期費用 更に最大30%OFF
※支払方法は口座振替、銀行振込、コンビニ決済から選択できます

サンシスコンを利用したくなった人は!

スマホが誰でも審査なしで持てる!携帯ブラックリストでも契約できる!

↑目次へ戻る

誰でもスマホ

誰でもスマホ
出典:誰でもスマホ(https://www.a-sas.ne.jp/)

最後にご紹介する事業者は「誰でもスマホ」です。

ドコモ回線を使うMVNOの1社ですが、以下の様な人でも回線契約ができるというスマホサービスです。

  • クレジットカードや銀行口座が無い
  • 携帯ブラックリストで契約できない

誰でもスマホも月額料金は他のMVNOと比べると高い料金設定にはなっているものの、ほかの携帯会社では契約できない人でも契約ができるのが大きな特徴となっており、通話についてもかけ放題が標準仕様。端末については最安1円ではありませんが安価で提供しています。

月額料金

プラン月額基本料
1GB3,278円
3GB3,580円
5GB3,980円
7GB4,380円
20GB4,980円
25GB5,580円
50GB6,980円
支払方法はコンビニ支払も選択できます

誰でもスマホを利用したくなった人は!

携帯ブラックリストでも契約できる!コンビニ支払も選択可能!

↑目次へ戻る

まとめ:携帯会社のブラックリストは理由別に対策をしよう!

当記事では、携帯やスマホのブラックリストについて詳しく解説をしました。

結論、携帯の契約はそれほどハードルが高くなく過去にトラブルがあっても預託金などを条件に契約できるケースが多いです。

悩むより申込をしてみた方が早いですし、仮に審査で落ちても契約ができない以上のデメリットはありません。

対面だと申し込みがしづらい場合、オンラインなら気軽に契約できるので各社のオンラインショップを是非活用してくださいね。

先生

スマホはライフラインの一部と言っても過言ではないため、そこまで審査基準は高くありません。気軽に申し込みをしてみましょう!

ワイモバイルを利用したくなった人は!

ワイモバ10周年大感謝祭開催中!ワイモバイルオンラインストアは事務手数料無料!

UQモバイルを利用したくなった人は!

auPAY残高還元で最大10,000円相当チャージのキャンペーン開催中!
スマホとセット購入の場合最大22,000円割引!

楽天モバイルを利用したくなった人は!

Rakuten最強プランはデータ無制限で月額3,278円!
三木谷キャンペーン経由なら最大40,000円相当トクになるキャンペーン開催中!

BIGLOBEモバイルを利用したくなった人は!

mineoを利用したくなった人は!

mineoは多くの方に選ばれています!楽しくておトクな10周年感謝祭を実施中!

だれでもモバイルを利用したくなった人は!

審査なし!他社で強制解約された方もOK!さらに電話かけ放題付き!
今だけ!初月月額料金・事務手数料0円キャンペーン実施中!

サンシスコンを利用したくなった人は!

スマホが誰でも審査なしで持てる!携帯ブラックリストでも契約できる!

誰でもスマホを利用したくなった人は!

携帯ブラックリストでも契約できる!コンビニ支払も選択可能!

↑目次へ戻る

おすすめの関連記事